自宅での水素水の作り方について。

最近いろいろな場所で目にすることが多い水素水。美容や健康に良いとされていて、興味がある方も多いのではないでしょうか。ただ、そんないいことばかりの水素水も、お店などで買って飲み続けるのは、経済的に大変だと思います。そんな不満を解消するやり方として、自宅で簡単に水素水を作ってしまうことが出来るんです。そんな自宅での水素水の作り方を紹介します。

まず、水素水の作り方には大きく分けて2種類のやり方があるので。それぞれ説明していきます。まず一つ目は、マグネシウムの化学反応を利用して水素水を作るやり方です。お店などで売っているマグネシウムスティックを、水道水と一緒にペットボトルや水筒などに入れておいて作るという方法です。このやり方はとても簡単で、ただ、マグネシウムを含んだセラミックスティックを入れた容器に水を決められた時間入れておくだけで、化学反応が起きて水素水が出来上がるというものです。

価格的にもとてもリーズナブルに水素水が作れますし、何より簡単なので、広くお勧めできます。ただ、デメリットとしては、水素水を作るためにかかる時間が製品によってまちまちですが、多くが4時間から約一日ほどかかってしまうため、飲みたいと思ったときにすぐに飲むということが出来ないことです。

それでもこの手軽さはとても便利です。そして、二つ目の水素水の作り方としては、水素水サーバーなどの機械を使用し、電気分解メカニズムを利用して水素を発生させて水素水を作るやり方です。家庭用のウォータ―サーバーや家庭用の浄水器のような使い方の専用の製品を利用することになります。

製品には様々な種類があり、小型の物から、大型の据え置き型のサーバータイプのものまであります。価格もそれぞれですが、マグネシウムスティックと比べると高価で、大型の商品が多くなります。ただ、一度設置してしまえば、メンテナンスも簡単で、時間も10分ほどで水素水が作れるのでとても便利です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です