ダイエットの理屈を理解すれば効果も上がる?!

私がこれまで試してきたダイエットの中で一番効果を実感することができたのが、一食置き換えダイエットです。自分なりに理解や納得ができないと、なかなか行動に移せないという面倒臭い性格の私です。いつもダイエットを始める前には、そのダイエットがなぜ効果がでるのか、何が根拠になっているのか、という理屈理論を調べて、その中で腑に落ちたダイエット方法を実践してきました。一番効果を実感することができた一食置き換えダイエットに関しては、そういった理屈が明瞭で且つ簡単です。だからこそ続けることができ、効果を得られたと感じています。

ダイエット食品は、大きく3つに分類することができます。吸収阻害、燃焼系、代替の3つです。吸収阻害とは、摂取しすぎた際に肥満の原因になる糖の吸収を抑える成分が入ったサプリメントなどのことです。有名な商品だと「カロリミット」などです。燃焼系は、代謝を高める成分が入った「DHCのフォースコリー」などになります。そして、代替というのは、文字通り毎日の1食をダイエット効果が期待できる食材に替えるというものです。代表的なものは、DHCのプロテインダイエットです。

代替食品と一口に言っても、多種多様です。食物繊維を主としたものや、たんぱく質を主としたもの、いずれにしても低カロリーのものがほとんどです。ちなみに私は、たんぱく質が十分に摂取でき、同時に食物繊維も取れて、なおかつ甘いのに低糖質という特徴の「アサヒのスリムアップスリムシェイク」を試していました。

味に関しては、不味くなく舌ざわりも悪くありませんでした。他の商品と比較をしていないので分かりませんが、美味しく飲みやすい部類に入るのではないかと思います。毎回飲むたびに、満腹感を感じることができていました。お腹が張るような感覚さえありました。飲んでいた期間は、なんとなく便の調子も良かったような気がします。ちなみに2週間の1食置き換えで約4kgのダイエット効果を得ることができました。苦痛や苦悩なく思っていた以上の効果を得られて本当に驚きです。