自宅で水素水を作る方法について

・マグネシウムを使った作り方

マグネシウムを使用して水素を化学反応により発生させる手法で自宅にて水素水を作る手法があります。やり方としては、通信販売で売られているマグネシウム触媒をペットボトルに入れて化学反応をさせて水素を発生させます。この時、使用するペットボトルには化学反応によりガスがしょうじ圧が掛かりますので注意が必要です。簡単に自宅にて水素水を作ることができる反面、化学変化を待つ必要性があり、一つの触媒で生み出される水素量などを把握しなければならず、簡単に作れこそするが、飲料として効果が認められる濃度を作り上げるには数学的な知識が必要であったりと計算が面倒な点がデメリットです。

・水素ガスを水に溶かす作り方

水素ガスを水に溶かして水素水を作り上げる手法と言うものもあります。これは水素ガスを含んだボンベを使用して水素を水に溶かす手法と、水素を生み出すことが出来る発泡剤を使用して作る手法があります。前者のボンベについては専用の水素発生器にボンベを組み込む使用しますが高額になる上置き場所に困るというデメリットもあります。後者の発泡剤についてはペットボトルに発泡剤を入れて溶かす手法で利点としてはメーカーによって発泡剤が安い点がありますがデメリットはメーカーによって発生する水素量が異なる点、高圧ガスを生み出すため耐久性があるペットボトルでないと保存が難しい点です。

・サーバーを使った作り方

これは水素水サーバーを使用して水素を電気分解やマグネシウムの化学変化で水素水を作り出す手法です。利点としては安全にたくさんの水素を含んだ水素水を作ることが可能である点が利点ですが、初期投資が必要でレンタルするにしても購入をするにしても高額であることが難点です。レンタルにおいては、レンタル料の他水素水サーバー以外にも交換用飲料水にも利用料がかかる物もありサーバーは電気を使用するため電気代も発生するため、たくさんの水素水を作ることができる反面、電気代やレンタル料、運転コストがかかるのが難点です。