晩御飯を1杯のプロテインに置き換え

晩御飯を1杯のプロテインに変えて3か月間のダイエット生活です。

■私の食事サイクル
運動(ランニング)→晩御飯→プロテインのサイクルかつ朝昼2食しっかりと摂取し、晩御飯は白米、メイン(ハンバーグなど)、サラダ、その他1品と晩御飯にしては多いラインナップで生活していました。運動をした後の晩御飯の量は摂取量と運動量を差し引いても摂取量の方が上回っている状態が続き、なかなか体重が減らないことを悩んでいました。

そこで、いっそのこと晩御飯を抜いてみる、もしくは置き換えてみることを試してみました。
運動している前提、食事を1食を抜くのは体に悪いと思い、晩御飯を食べた後のプロテインが重いことから晩御飯をプロテイン1杯に限定して3か月間置き換えダイエットを行っていました。

■得られたものは3つ
・3食取らなくてもよいこと
・筋力維持が行えたこと
・時間短縮が行えたこと

■3食取らなくてもよいこと
朝昼食べて晩は置き換えることで翌日のパフォーマンスが低下するのではないかと不安に感じていましたが、翌日の朝昼と食事を取っているからパフォーマンスが低下する問題がないことに気が付けました。なぜなら私の生活サイクルは終業後に帰宅、数時間の趣味or家事、睡眠を行うだけだったので晩御飯を置き換えたほうが効率が良いことに気が付け、安心して置き換えダイエットを行えることに気が付きました。

■筋力維持が行えたこと
晩御飯を置き換えることで摂取カロリーは下がり、筋力低下につながるのではないかと不安に感じていましたが、プロテインを摂取していることで筋力低下を防げ、代謝も向上していたことから志望のみを燃焼できていたのかなと健康診断の結果から結論付けました。

■時間短縮が行えたこと
プロテイン用の容器にプロテインと水を入れてシェイクするだけでプロテインが1杯できるので時間にして3分で食事が済ませ、洗い物を含めても5分以内に時間短縮できるため空いた時間を作ることができました。その分、趣味の時間に費やせるので良いと思いました。

■最後に
1食の置き換えを朝昼晩の順で試した結果、晩御飯を置き換えたほうが効率が良く、翌日に影響が出ないことがわかりました。プロテインに抵抗がある人は鳥のササミでもよいと思います。(プロテイン=タンパク質)
プロテインならば時間短縮もできるので是非実施してほしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です